少年サンデー2008年29号及び30号分の記事です。
別に合併号じゃございません。


○トラウマイスタ
良いか悪いかとかそういう話ではないのですが、
ただただサンデーらしくなくて驚きました。
サンデーらしいってどんなのだよ!と言われても答えにくい。
しかしサンデーっぽくないのです。
物凄いジャンプ風なのです。それかガンガンです。

絵柄は…やたら個性的?
サブカルな絵柄は少年誌では損してしまいそう。
なんかこう、疲れてる時や時間の無い時なんかは読み飛ばしてしまいそうな。

話はテンポが良くて読みやすく、続きが気になるようなものでした。
が、ここ数年サンデーの新連載陣ではよくある「設定だけは妙に斬新」
という要素が良さを殺しているような気がしなくもありません。
勇気の強さに比例して強くなる「勇気の剣」と
トラウマの大きさによって強大になる、使い魔となりそうなアートマンは
ちゃんと両立出来るのか、二つ強力な武器を持つ意味はあるのか、とか、
自分を乗り越える素材として少年誌に「トラウマ」を用意するのはわかるが、
個性的な絵も手伝ってあまりに辛気臭くないかとか。
色々な点で損をしている雰囲気があるので…今は今後を期待します。


○結界師
良守の素直モード吹いた。
守りたいのは烏森じゃねぇとか、見放されたのかと思って不安になったとか、
時音がいなくなったらどうなっちゃうんだろうとか、
お前ももう少しわがまま言えよとか、俺のことももう少し頼れとか、
読者が心情察してニヤニヤするような所を、全部ストレートに吐いちまったよ!
フレッシュ王子はずっとこんなんなのでしょう。

夕上との別れの時間がやってきました。
今まで味方側に露骨なふてぶてしいキャラは居なかったので、
やたら新鮮なイメージがあるポジション取りをしていましたよねぇ。
膠着状態の関係に首を突っ込んで引っかき回す事が出来る貴重な存在ですから、
そのうちまた、急に再登板する事を願います。


思ったよりいい体をしていた時音の入浴シーンに吹いた。
最近マジで時音がヒロインを担当している。
第2回人気投票でもやってきますか?


○MAJOR
メンタル面での異様な確変!露骨な復調!
ここまでやるのがスポーツ漫画の醍醐味ではないのかと思うようになってきた。


○神のみぞ知るセカイ
ブログを見ても今回の話を見ても、
作者がアイマスを好き過ぎるのは痛いほどわかります。
次回作は一人くらいキャラデザ任せたらいかがでしょうか、765さんよ。
浮いてるヤンデレ書かれても知らんけど。


結局いつも最後はエルシィに優しくする桂馬。
作中で一番のツンデレはコイツだと思うんだ。


○史上最強の弟子 ケンイチ
学校編に入ってからずっとボリスがかわいくて仕方ないよ!
まさか先生に懐くとは本気で思っていなかったよ!
でも先生のチョップー食らったら落ちるのもしょうがないと思うよ!


○お茶にごす。
バスケットマンが痛めつけられる展開を楽しみにしていただけに、
「話のわかる熱い男」設定には驚愕です。
実はそんなに悪くない男だとわかったので、
ボコボコにされる可能性はあまり無いはず。
試合の流れが意外にアツいものにならないか、気になります。

…って柱のアオリを見る限り、バスケット話は今回で終わりか!?


○GOLDEN★AGE
そりゃね、大本命が負ける可能性なんていくらでも考えられた訳ですよ。
しかしこの敗退っぷりはあんまりだろ…!
東神メンバーがかもめ中の試合「後」に現れた時点でフラグ立ちまくってたけどさ!
新しい敵もなんだか魅力的に感じないしよォ。


○金剛番長
私が大バカでした。
この作品において出てくるショタに期待をかけて良い事なんてあるはずねぇのに!
いくらなんでも虫食い出すまでは予想出来ねぇっつーの。


また次号。

少年サンデーカテゴリの過去ログはこちらからどうぞ。