ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
何気ない生活風景も、彼女の手にかかれば戦いに変わる。
ワクワクデートさえも、彼女の意志で戦場になる。
前代未聞のしおらしさを見せつける決戦が、今始まる。

ラブコメパートのヒロインが映画デートをしようとしているのに、
私は今にも「男らしい」とのコメントを記そうとしている。
何が何だかわからなくなってきたんだぜ?


少年サンデー2008年11号分の記事です。


『良い事なんて起こらない。期待するだけきっと無駄。
第163話「災いは転じても災い」
それでもなぜか今日こそは良い日だって毎日、思ってしまうのです。』


後ろ向きと見せかけて前向き・・・でもないのが原作ハヤテクオリティ。
アニメ版のOPを見せて目ぇ覚ましてやりたいくらいです。
ただアニメ版のハヤテはそんなに不幸そうじゃないっスね。
でも最近は原作版のハヤテも普通に人生過ごしてますよね。


○ヒナギクの話
さーてヒナギクとハヤテのラヴラヴデートということで、
今回はヒナギクの魅力がたっぷりみっしり詰まった話・・・
・・・だったのだろうか?


98話周辺ほどマジな話ではないが、ラブコメパートである。
今のヒナギクからはマジではない分、
あの頃とはまた違った魅力を感じる気がする?
一体どの辺りから魅力を感じられるのでしょう。

>『今日は笑顔で接して心穏やかに・・・
怒りにまかせたツッコミとか一切入れない一日にするのよ!!』
何か決意の方向性がおかしい上に、
この決心の直後に心穏やかでない笑顔を晒している。
ひょっとしてこれはギャグでやっているのか!?と思うくらい。
この後も棒読みに大根、不自然祭りです。
シュールな言動や行動が、見ていてジワジワきます。
もしかしてこれか?変に気合入れて全力で空回ってる滑稽さが魅力か?
この「アホかわいさ」が魅力の一端か?

>『うふふ、けど私もそれ、ちょうど見たかったの〜〜』
おお!なんだかアホっぽくてその上かわいい感じだぞ!
いつも勝ち負けにやたらこだわるのも小学生男子みたいでアホっぽいしな!
それでいてそんな状態でもかわいいしな!

よってかなり強引に結びつけましたが、
今後はヒナギクの「アホかわいさ」にも注目していきたいと思います。
マリアの時も痛カワイイとか言っちゃったように、
散々な結論ばかり導き出しているけど気にしないよ。

でもアホかわいさカテゴリの中には既に西沢さんや泉いいんちょがいるのだった。
天然と戦うには辛いカテゴリですかね。

◇◇◇

猫がちぎれてしまったり、ツッコミを我慢し過ぎて涙目になるヒナギクを見て、
私の中の何かが反応してしまいそうであった。
なんでこうヒナギクってのは・・・強気娘なのに・・・
加虐心がそそられてしまうんだろうなぁッ・・・!

ベストオブガン泣き→ナギ
ベストオブ涙目→ヒナギク
これ、私の見解。


○ハヤテの話
ハイグレード・ジゴロモードに覚醒するかと踏んでいましたが、
どうやら次回に持ち越しのようです。
でも次回は覚醒が確定していると、信じる事は止めません。
冗談抜きで次回はデカいイベントの予感がするぜー

しかしやる事はキッチリとやってくれました。
>『今から僕と・・・・・・・・・海でも見に行きませんか?』
いやがおうにも盛り上がってしまうロケーション、なんたる策士。
微妙な季節だけれども。水着は期待出来ないけれども。

あとね、肉体的接触ね。
わざわざ回りくどい表現使ってごめんね。
「ぐにっ」てえらくエロい効果音が出たから、
どうにもテンションが抑え切れなくてね。
私もどさくさに紛れてヒナギクの手を「ぐにっ」てしたいね。
ガチのラヴコメ漫画なら、こんな事を繰り返していたら
いつかは女の子の方から勢いに任せてしまいそうです。
この作品に限ってそれは無いと思うが・・・ ・・・無いよな?


>『あれがヒナギクさんの運のよさが導いてくれた映画館―――』
>『これはいかん!!しくじっちゃダメとヒナギクさんを持ち上げたというのに・・・!!』
全然持ち上げられてねぇよバカ野郎!!
天然ジゴロ様は意識するとただのザコと化すようです。


○「ファミレス」にいる人たちの話
超高級レストラン貸し切りまで行くと、
流石の最終兵器雪路も気圧される様子です。
てっきり生徒達に高いものをたかるかと思っていましたよ。
彼女の線引きが、イマイチどこにあるのか見えてきません。
生粋の雪路フリークとかなら見切れましょうか?


>『地雷を取り除くには、爆発させるのが一番だからさ。』
これはなんという孔明の罠。
恋敵?であるハヤテにヒナを任せるなんてありえない!
と前回書きましたが、ハヤテを野放しにしておくどころか
体よくハヤテを爆破させた上にヒナのごきげんを直す一石二鳥作戦。
やはりヒナギクを守るボスはブルー?


バックステージ
第170回。

良いチラリズムのヒナギク絵です。
でもスパッツは見えない。

>『今からキャラソンのラスト二枚のジャケットを描かなければいけないので……。』
綾崎ハーマイオニーと魔法少女プリティナギでしたっけ?
最後に何やらかすかは期待しまくっています。


○余談
近頃サンデーで募集している釘宮時計、
いやさナギ時計の応募をしてしまうか迷っています。
手に入れておかないと後悔してしまいそうだが、
立体物はどうしても場所取るしねぇ・・・


○関連記事
162話「小学館漫画賞最終ノミネート作品!」
161話「様々な愛のカタチ」
160話「みんな大好きマリアちゃん」
159話「闊歩しちゃうぞ フルスロットル」
158話「ヒナギク様が結構高い所からみてる」

「ボクがロミオでロミオがボクで」攻略もくじ
ハヤテのごとく!単行本14巻の特典は?
愛沢咲夜誕生日記念 ハヤテキャラ「ある」か「ない」か話

上記リンク以外のハヤテのごとく!関連記事は、過去ログページからどうぞ。