ブログネタ
週刊少年サンデー に参加中!
後半戦です。


○結界師
前回クラスメイトに対してフレンドリーな態度を取っていた閃ちゃんは、
なんとか取り繕えている感じはした。
だが、良守に対しての取ってつけたようなフレンドリーさといったら・・・!
不自然だ。嗚呼不自然だ、不自然だ。
相手がアホの子じゃなけりゃ一発で怪しまれていそうな程です。
諜報係として、もっと演技力が必要である。

デビルイヤーはOKなんですか?


○魔王
第1話で狙っていた感のあるスケールの大きさが、
第2話になって急に感じられなくなったけどどんなもんでしょうか。
物語の雰囲気を形成していく為に、
やはりキーマンとして上がって来るのは犬養でしょうか。
不気味な疑惑のリーダーから、完全な悪への変移が上手く描かれるかどうか。
その辺り失敗したらハルノクニルートまっしぐらですからね。
期待したい所でもあり、心配してしまう所でもあります。
それにしても何やらマガジンっぽいオーラを感じますよ。

無理矢理ブチ込まれたサービス?シーンに噴出した。
残念ながらこれは頭がおかしい痴女に見えません・・・!
「軽さ」をこんな形で表現されているのを見て絶望寸前でしたが、
バカ男の方ではちょっと見直した。
袋とじ一閃に加えて、『あの乳で殴打されてェよ。』とハイグレードな発言。
やり過ぎない程度に、決してやり過ぎない程度にアホいシーンは欲しいものです。


○ダレン・シャン
段々読んでいる私の思考が、
カーダの思考とシンクロするようになってきた気がします。
制度と誇りの為に、よりによってバンパイアでも困難なレベルの試練を
半バンパイア(しかも子供)に受けさせる。
もうね、アホかと。
バンパイアでも直撃すると即死するような炎の塊に突撃したダレン。
そのダメージの表現がシャレにならなさを物語っています。
残り二つの試練をこなすなんてとてもじゃない状態。
物語はここから一気に展開しそうな雰囲気がありますね。

試練中のダレンからは、かつてない程の迫力を感じましたよ。


○ギャンブルッ!
遂に奥義が飛び出した、その名も オ カ ル ト 地 獄 !
確かに私は雰囲気だけは少々買っても良いと言ってきたがな!
本当に雰囲気だけでバクチしてんじゃねぇよ!
読んでいる途中、
冗談抜きに何の漫画読んでるのかわからなくなっていきましたよ。
今私は、歴史に残る弩級アホ漫画を目の当たりにしているのかもしれない・・・

ここまでくるとかえって次回が楽しみになってきました。
こんなもんどうやって収拾つけるっつーんですか。
マサルが無敵超人なのは立証済なので、
今回のピンチっぽい表情も滑稽でしかなかったけどな!


○うえきの法則+
ああぁあぁぁあぁナガラ生きてたぁぁぁぁああぁ!!
一番やっちゃいけない事やっちまったぁぁぁあぁぁ!!
大団円に向かう為とはいえ、これはやり過ぎですよ。
もうサンデーの味方キャラ死は信用出来んわ。
MARΩ、ガッシュ、うえき+と立て続けに騙され過ぎた。

森は本気でお姫様ポジションになりました。
日常に戻った最終回もこんなままだったらどうしようか・・・


○あいこら
今回の天丼は良い天丼!成熟期じゃねぇかゆきえ23歳。
もうこの漫画には乳首券とかの概念も無いようです。


○最強!都立あおい坂高校野球部
どこまでも腐ってるボンバーヘッドが微笑ましい。
そりゃー右京も攻撃入れるよな!
ガッカリだったのはキタローのヘタレっぷり。
決勝戦まできて、彼はまだキャラが立ってない気がするんだ・・・。


●リトルバスターズ!
この号の表紙の裏。
何事かと思えば鍵(割と古い表現)じゃーないですか。
・・・少年誌に出す広告か?

●次号のサンデー
『お坊サンバ!!』が本気で始まってしまうんですね。
多くは語らんよ。
付録はハヤテのごとく!大貧民のブックカバー。
何やらかすのかは不明だけど、
多分結構恥ずかしいものになっている筈なんだぜ?
連載がどんどん終わっても特別定価250円。


また次号。


※今週分のサンデー記事リンク
2007年28号 3HitCombo -前-
2007年28号 3HitCombo -後-
ハヤテのごとく!131話「笑いの道とは、体を張る事と見つけたり」
ハヤテのごとく!DSゲーム「ボクがロミオでロミオがボクで」が今から楽しみです
ハヤテのごとく!公式ガイドブックの特典は?

少年サンデーカテゴリの過去ログはこちらからどうぞ。