ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
ただの人間になど興味はない。
この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者、その他何でもいいから
悩殺ボディーをくれる技術を持っている者がいたら私のところへ来るのだ!

と言ったか言わずか、延々続く長編は遂に宇宙人まで呼び寄せてしまいました。
そうか。大宇宙のパワーか。なかなか危険な響きの単語だ。


少年サンデー2007年15号分の記事です。


『第119話「三千院ナギの小宇宙戦争 〜スターダストメモリー〜」
お嬢さまの事ですから、小ささでは負けません。』


本当に小ささで負けていないのか、
プロフィールを確認してみました・・・
・・・当然の如くサク・伊澄に敗れてました。


○ナギの話
最近のナギメイン話は実に良いね!
お嬢さまの魅力(あえてミリキと読もう)がてんこ盛りだね!

全裸見られたのにその甲斐が無かったお嬢さまは開幕からふくれっ面MAX。
お嬢さまのこの表情は下手な笑顔より癒されるんだぜ?
勿論この状態のお嬢さまは言動だけでなく行動もハイポテンシャルです。
テンプレ化しつつある『まったく!!ハヤテはホントまったく!!』の
台詞はお嬢さまにマッチし過ぎ。
(何らかのパロかもしれないが)
ハヤテの無神経度合とナギの暴虐具合が混じるせいで、
一般人よりも遥かに機嫌損ないモードへ発展しやすいコンビであった。

そして照れぬ!慌てぬ!省みぬ!なハヤテを悩殺すべくポーズ練習会。
うん。この2コマ、私は認めるぞ!
作者は思い切りシュールな空気を描こうとしているようだが!
私はあえて正統派のサービスシーンだと把握しておくぞ!
半笑いになったがな!
いや、1コマ目は腰から尻のラインにかけての
いつもの畑ゾーンがあるから良いじゃないですか。
ただ2コマ目は・・・一点の隆起も無い平野を傾けて、山脈が生まれるだろうか?
強調するポーズなのに何一つ変化が無くて泣いた。
結局こっちのコマも尻を見ろという事か!
まったく!畑くんはまったく!

当Blogでは、可愛げある理由の為(ハヤテの為)に
無謀過ぎる挑戦へ挑んでいる三千院ナギを応援しています。
でも育つとそれはもうナギじゃねーんだよね。


妄想具現化能力が発動したのか、文字通り降って湧いた宇宙人。
これはナギメインの話がもう1本分くらい挿入される流れ?
冒頭の通り、最近のナギメインには期待出来るので、
次回もそこそこにやらかして頂きたい。


○ハヤテの話
『あっ!!』と顔に水をかけられたハヤテを見て、
ちょっと興奮しちゃった人は病院に行ってみる事をお奨めする。

さて、私の保険証はどこへいったかな・・・

◇◇◇

ナギは悩殺ボディーになる事を望んでいましたが、
よく考えたら悩殺ボディーになれた所で多分意味は無いんでしょうね。
サクにも無反応だったのでハヤテは完全に年齢で線を引いている。
視覚効果より理性っつーか観念が先にくるのです。
コイツやっぱり人間じゃねぇ!いやさ男じゃねぇ!

我々はとんでもない勘違いをしていたようだ・・・
この異常なスイッチの切れ方はハヤテが男ではないという証拠!
つまりハヤテは本当は女の子、綾崎ハーマイオニーは
「実は女の子だけど男して育てられてきて、それなのに女装させられた姿」だったんだよ!

な、なんだってー


○マリアの話
「特別な旅行」の真相が明かされるまでは、また暫く空気状態でしょう。
しかしマリアメインの回って不思議と印象が薄いものです。
つい今も、マリアは何ヶ月空気なんだよ!と書きそうになりました。
こないだメイドブラックマックスハートっぷりを披露したばかりではないか。


○雪路とゆかいな生徒会たちの話
取り残された雪路チームがまさかまさかの温泉参戦。
ダメな大人日本代表・桂雪路は思い通りに操作され、旅路に出るのであった・・・
ワタル組よりもこっちが出てくるとはねぇ。
ナギと雪路が同じ発想をするという笑える状況になっていますから、
このチームも宇宙人に絡むと考えても良いのではないでしょうか。
宇宙人を捕まえて売り飛ばそうとする雪路をヒナギクがボコボコにする展開希望。

◇◇◇

>『人間は同じ場所にいても何も変われない!!
>違う場所に羽ばたいてこそ変われるのだと!!』
この虚言癖こそが轟轟生徒会クオリティ。
しかしこいつら手に負えないのでやはりツッコミ役が必要ですね。

◇◇◇

今回よーく見ると地味にポテンシャルを発揮していたいいんちょさんレッド泉。
『まぁヒナと雪路じゃヒナのほうがかわいいわな。』という発言に対して、
『人として当然の道理だね』という合いの手。
どうみても雪路が格下です、と言い切るいいんちょ。
ダーク路線確立か!?

『あんたたちがしっかり勉強しないで赤点なんか取るから
私が休日出勤で勉強教える羽目になってんだろうが――!!』という絶叫に対して、
『キャ―ー』と。
えっ 怒られてるのにハートマーク付きのリアクション?
これは悦んでると判断してもよろしいか?
やはり生粋のドMなのか!?

ボケにツッコミにドMに、色々と派手なキャラになってきましたよ。


○宇宙人・マヤの話
遂に宇宙人まで投入してきたか、畑健二郎。
いやーね。流石に驚きますよね。
むしろ読者の中ではドン引きした人が結構居そうですね。
この作品ではトラ、幽霊、天の声など様々な人外と会話してきているのに、
「宇宙人」という単語は段違いに何かを吹き飛ばす魔力がありますよ。
やはりその縁遠さから来るんでしょうかね、この単語に秘められた胡散臭さは。
私はもう割り切ったんだぜ?

違和感を取り除くための工作か、口癖が『うい?』ときた。
これはいかんだろう!
西沢さんのアイデンティティを奪い取ってしまうんじゃないかな!?

シルエットが消えた最初のコマ、
座ってるかと思ったらこれで立ち状態なんですね。
畑絵は絵柄の割には頭身が高いので差異が物凄い。

下田編の後半戦が成功するかはマヤにかかっている気がします。
お願いだ、長編はグダる法則を打ち破ってくれ!


バックステージ
第122回。

サンデー17号の表紙は600回のMAJORと共同表紙だそうです。
・・・何を考えているんだ少年サンデー編集部!

>『キャラソンのパッケージは全部僕の描き下ろしらしいですよ』
アニメの方にも作業量注ぐ注ぐ。
アニメーターになる夢が擬似的に叶ったっつーても、
月にこんだけカラー描いてると本気で死んでしまわないかね。


今回の話については、物凄い意気込みを感じるコメントが記されていました。
>話の構成的にはとりあえず来週の話を読んでもらうと、色々なことに納得がいくかと。
>わざわざ舞台を『温泉地』に選んだ理由も、
>もぉ、一年以上前からこのためだけといっても過言ではありません!
>話の内容的にも、どの『点』が『線』となり繋がるのか……次週をご期待ください☆
>とりあえず次週!お楽しみに!
この文章の中に、どれだけの自信がこめられているか!
話がガッチリ決まっているので今回の話もいずれ納得がいく宣言、
長い構想があった宣言、「お楽しみに」宣言。
どれも過去のBSで節目節目に使われてきた宣言です。
それが3つも重なっているという事は・・・期待して良いんですね?


○次週以降の話
今回から、また数話で一本分の話になっているそうです。
西沢ENDの時の同じような感じらしいですね。
数話消費話、異様に集まるメンツ、BSでの自信発言、「特別」な旅行・・・
下田ラストでまた見開きでもかますつもりじゃなかろうか?

Webでヨソの感想サイトを練り歩いてみたら、
第一部終了チックな空気じゃね?という意見がちらほらとありました。
言われてみればそんな要素がそこそこ出てるんですよね。
もうほとんどオールスター出演になりつつあるし。
ホワイトデーも消化したからもう3月ブッ飛ばせるし。
年度改編及びアニメスタートまであと2週だし。

次回一本分挟んで次々回にクライマックス持ってきて、
墓参った後に皆で騒ぎつつマリア辺りが
「ナギの周りはこんなに仲間ができたんですよ」みたいなナギ母へのメッセージを紡いで、
現実の4月1週目にハヤテ世界も4月突入、新展開スタート!
・・・てな事も出来る訳です。

少々妄想色が濃くなってしまいましたが、第一部終了は置いといて
下田編でデケェ区切りが出来る可能性は低くないと思いますよ。


○余談
土曜にようやくショートアニメDVDが届きました。
とりあえず脱ぎまくりのマリアさんポスターは確認した。
サンデー後半記事が上がるまでは封印せなならん。


○関連記事
118話「ナギにまつわるエトセトラ」
117話「悪魔が来たりて球を打つ」
ハヤテのごとく!116話「あなたがわたしにくれたもの」
ハヤテのごとく!115話「旅は道連れ下田まで」
ハヤテのごとく!114話「マッハムGo!Go!Go!」

ハヤテニュース_070314
ハヤテニュース_070308
TVアニメ詳細速報

上記リンク以外のハヤテのごとく!関連記事は、過去ログページからどうぞ。


※今週分のサンデー記事リンク
2007年15号 怒涛のマルチメディア展開 -前-
2007年15号 怒涛のマルチメディア展開 -後-
119話「三千院ナギの憂鬱」
ハヤテニュース_070314