ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
さぁ、今回からホワイトデー編に(多分)突入です。
そういえばハヤテにチョコを渡したのは西沢さんだけだったはずです。
これはきっと、西沢さんの独壇場が待っているんじゃないかな?

今回はコナンを登場させる事によって
グダグダで無茶苦茶な・・・もとい風変わりな回になっていました。
そんな無茶な話の中でも、西沢さんの「普通の乙女の度胸」は炸裂するのだよ!


少年サンデー2007年2・3合併号分の記事です。


『会いたい人がココにいる!!夢のようなクリスマス!!
で、第108話「(C)青山剛昌」』


青山剛昌(笑)だったらどうしようかと思った。
二つの煽りがコナンへのヨイショかと見せかけて、
ハム沢さんの会いたい人=ハヤテ
夢のようなクリスマス=つーか夢オチ
というダブルのダブルミーニング。
担当、やってくれる・・・!(多分アオリ文は担当が考えてると思う)


○コナンサンタとかの話
ギャグ漫画家は与えられたミッションをどれだけ無茶に遂行出来るかが
ステータスになる、なんて畑君は考えているのであろうか?
なーんて言いたくなるくらいに、ブチかましてくれた108話でした。
コナンをパロるわいじるわ巨大化させるわ。
最近はエロもパロも、思い切りが出てきたっぽいですよ?


どうやら今回、超展開に対するツッコミはNGなようです。
季節合わせたいから謎の大いなる力で強引にワープさせちゃったこととか!
(コナン時空とか言ってるしハルヒのパロディと取っても良いのだろうか)
明らかに一人浮いてる西沢さんがメンバーに居ることとか!
前半の事件パートと後半の西沢さんパートが掛け離れ過ぎていることとか!
110ページのラストのコマで両津勘吉企画に参加していることとか!
どうせ夢だろうと進行しておいて本当に夢オチだったこととか!
って、この羅列が突っ込んでいるようなものですか?

出てくる暗号もそれはそれはブン投げていました。
『ヒントはタヌキ
本タ当タはタ死タんタでタなタいタよ。 コナンサンタより』
多過ぎでしょう、「タ」。
しかもこんなんで前半を終えた事にしてますからね!
止まんねぇ!今回の畑は止まんねぇよ!

本当にコナンいじりの為だけの一話だとすれば茶番と認識するだけでOKなのですが、
どうやら今回の西沢さんの行動は伏線・・・いや、布石になるっぽいので
あっさり流す訳にもいかないようです。

怪しい犯人を捜しているのに『怪しい男』と銘打ってるのにヤヤウケ。


○大爆走の布石発動、西沢さんの話
屋敷編オールスターの中に何故か部外者が一人。
これはやはり、ホワイトデーでの活躍確定と見て良いんじゃないかな?
大胆な事をかましにだけ来たのかこの人、と突っ込みたくても
その為の登場だったと考えて見守ろうじゃないですか。

◇◇◇

西沢さんはただの普通の人ではありません。
ハムスター使いのハム沢さん・・・じゃなくてちょっと肝の据わった普通の人!
『ハヤテ君とクリスマスかぁ〜・・・ん?ていうかどうせ夢なら・・・
す・・・少しくらいは大胆な事してみてもいいのかな。』
そうです。作品の仕様上、現実でハヤテと二人きりのクリスマスを過ごせる日は
恐らく絶対に訪れないのです。
そう考えると哀しくて涙が止まらなくなりそうなので、
大胆アプローチでもなんでもやっちゃって下さい。
なんて絶望溢れるエールを送っていたら、

『ハ・・・ハヤテ君!(がしっ)』

こいつあててきおった!
衝撃です。言動で大胆に攻めるんじゃなしにいきなり切り札使用です。
こんな事されたらジゴロ属性持ってない限りは一発パンチアウト確定です。
この絵面だけでグロッキー級のダメージを受けていたのに、
トドメをさしてきたのがハヤテのリアクション。

『えっと西沢さん・・・その・・・そんな風に抱きつかれると・・・
その・・・む・・・胸とか・・・が・・・』

遂に!遂に初めてハヤテが具体的に反応したよ!
あぅあぁああ これは異例の事態だ。
サクがあててきてもマリアが正面から抱きついてきてもなかった直球反応。
『普通に近いけどそんなにはない』と認識していたが、
西沢さんのそれは『ある』を凌駕する可能性を含んでいる・・・!?
実際ハヤテが反応しているコマで、確かにその部分の形が変わって・・・アァァァ!

脳内ハヤテデータベースを書き換えなければいけないかもしれないので、
一応他のコマでもチェックを入れてみる事にしました。
例えば、事件解決したコマ。大胆な事をしようと考えるページのコマ二つ。
最後に巨大コナンにビビったコマ。
ああ、ムチャクチャあるように見える。

しかし落ち着いて欲しい。(私が一番落ち着くべきだが)
漫画には誇張表現がついて回る。
サクが最初はまっ平らだったが、途中から急に育ち始めたように。
故に以前の情報をフィードバックする必要があるのだ。
なので私服でやや薄着だった直近の話、単行本8巻7話を見てみました。
・・・
・・・
ああ、ヒナギクと比べちゃいけない程度はあった。

結論としては「結構あるかもしれない」に落ち着きました。
基本的に「ない」人達の集まりな作品だから、
平均的女子高校生クラスでも脅威のレベルなんですかね。
Cに近いBくらいじゃないかと具体的に見立ててみたぜ?
すると相対的にサクは13歳にしてCくらいまで到達しているような・・・ キャー

◇◇◇

西沢さんが度胸を見せるのはあてるだけでは終わりません。
彼女はもう一歩踏み込める子!
ハヤテにお弁当を作ってあげていた(単行本5巻中扉参照)ような
涙ぐましい努力の過去を語りながら、
『じゃ・・・じゃあホワイトデーとかは・・・何か、くれたりするのかな・・・?』

そんな風にホワイトデーの話題を出す勇気をブチ上げたのに、
ハヤテからは女の子とつきあう気も余裕も無いとの反応。
ここ、他のキャラだったら心折られそうな場面ですよ。
でも、それでも西沢さんは耐える事を知っている。
実現が難しい夢でも追い続ける事が出来る。
『それでも・・・!それでも女の子は・・・好きな男の子から
何か心のこもった物をもらえれば・・・嬉しいっていうか・・・』

読者達!ここは泣いても良い所ですよ!
これが西沢さんの唯一にして最強の武器です。
普通な女の子として、素直に気持ちをぶつけられる。
ナギやヒナギクが持っていない切り札です。
そのストレートな感情は見ていてグッと来るし、
報われなくても伝えたい想いが見えるというのは・・・ムチャクチャ切ないね。

やはりこの娘が一番「強い」のかもしれないですね。


しかし今回の扉絵、何故にエロい・・・というか挑発的な表情をしているのだろう。
スンゲェ好きだが。


○ハヤテの話
弁当作ってもらっておいて全く好意に気付かない姿は
正に天然ジゴロと言って良いのではないだろうか。

ジゴロモードは継続確定。
西沢さんにホワイトデーの約束のようなものを交わしていますよ。
そう、これでまた一人の娘を毒牙にかけたに期待を持たせた!
まるで誕生日プレゼントをヒナギクに約束した時のように!
(マリアに対しても約束してたけど)
この作品はハヤテに対して勝手に女の子が寄り添ってくるだけではないのです。
ハヤテは自分で気付かない内に糸を張り巡らしているのです。
嗚呼、ジゴロスパイダー。

◇◇◇

『でも僕は今、女の子とつきあう気も余裕も・・・』
ってのは何気に含んだ発言ですよね。
余裕が無いのは勿論借金を抱えているからだろう。
アーたんの教えもきっとまだ十字架になっている。
気が無いのは・・・余裕が出来たら後から付いてくるものだろうか?
この状態ではヒナギクが来ようが万が一マリアが来ようが恐らくハヤテは揺るがない。
終盤までそんなにはキャラ毎の関係が変化しない事を示唆している可能性がある。
(諦める可能性は十二分に残されているけれど)
結局カギはナギが握っている。


○ナギとマリアの話
最近屋敷編が続いた上に今回は変則的な内容。
そりゃー二人共進行役にしかならないって話ですな。
話自体意味があったのは西沢さんパートだけだったので、
なんとはなしに居ただけという印象。
メインヒロインなのに!


○タマとクラウスの話
更に本気で居ただけだった一人と一匹。
数合わせと言った方が正しいか?
クラウスがまだ生きてたって事を確認出来たのでOKです。


バックステージ
第109回。

画像は西沢さんタ。
空前絶後のエロさにギブアップ寸前です。
この露出、扉絵の表情、本編のあて具合。
畑!貴様西沢さんにどんな路線を歩ませる気だ!
もう最近畑健二郎は恥ずかしがりもしないですね。

ナギの考えるコナン最終回とか考える時点で危険過ぎます。
担当、よく抑えた。

『この週から物語はホワイトデー・シフト。
今回は夢の中の話ですが、当然、夢オチでは終わらないわけです。
しかも今回の話は来週の話に若干繋がっているというか表裏一体
というかなので次回をお楽しみにしておいてください。
色々と波瀾があるはずなので。』
やはり今週からホワイトデーモードでしかも続いちゃうんですねぇ。
んで表裏一体って表現大好きなのな。
楽勝で波瀾宣言しちゃっていますが・・・!
ハヤテの台詞ではホワイトデーに何かすると途中で切れているので、
プレゼントするとかじゃなく一日デートなんて可能性も?

<061219追記>
そういえば今回も、『また来週』と締められています。
やはり次の水曜も合併号関係無しに更新されるのか?
昨年も飛ばしたのは正月の一週だけだったかもしれない。


○余談
今回のボツサブタイは「あたってんのかな?」
何だかヒワイな感じがするので却下です。

ここ数日、結構なアクセスを頂いていて恐縮です。
稼ぎ時なのに物凄い勢いで時間が無くて記事にテコ入れ出来ない始末。
9巻読んだよ記事とかアニメ化記事とか人気投票記事2とかネタは浮かぶのにチキショォォ

近頃は9巻特典記事のように追記が重なる記事もあるので何とも順序が立て辛いです。
アニメ化速報記事もちょっとだけ手を入れる必要が出てきましたよ。

とりあえず今週はサンデーが休みなので、上手い事時間を配分したい所。


○関連記事
ハヤテのごとく!107話「健全な若人のあり方について」
ハヤテのごとく!106話「そして誰もいなくなった」
ハヤテのごとく!105話「一握の銭」
ハヤテのごとく!104話「世界に一つだけの動画」
ハヤテのごとく!103話「誤奉仕するニャン」

ハヤテのごとく!アニメ化決定速報
ハヤテのごとく!9巻の特典は?
ハヤテのごとく!第1回公式キャラ人気投票の考察

上記リンクより過去の記事は、ハヤテのごとく!過去ログからどうぞ。


※今週分のサンデー記事リンク
2007年2・3号 新年でもサンタなんです -前-
2007年2・3号 新年でもサンタなんです -後-
2007年2・3号番外 イフリート 〜断罪の炎人〜 第1話 雑感
ハヤテのごとく!108話「恋はスリル、ショック、サスペンスとあと乙女の度胸」
ハヤテのごとく!アニメ化決定速報