ブログネタ
週刊少年サンデー に参加中!
後半戦になります。


○MARΩ 「よく考えたらARMって定義広過ぎるよね」
先週アル様アル様言ってたら、本当に出てきよったァァァ!?
よくもまぁ第2話からこんな冒険に出たものです。
キャラの容姿から想像するに、きっと無印MARのレギュラーでは
アルヴィスと・・・名前忘れたけどジョーカー二世が人気炸裂だったのでしょう。
そんなパンドラの箱を、Ωでは速攻で開けてしまいました。
言わば同人アルヴィスで妥協されるのか?それとも非難GoGoか?
興味は尽き  なくもない。
同盟リングやらを回って確かめる気力も勿論ない。

無印では魔力が弱いと強力な技が出せない印象でしたが、
今回は魔力が弱いと強力な技(つーかガーディアン)が暴走する様子。
ますます持ってポケモンですよ。

話の流れには今の所文句はありません。
むしろまだ何とも言えません。


○MAJOR 「日本人には出せないオーラってか」
ジュニアが裏で頑張った末にギブソン包囲網が完成し、
どうやったらこの状態から出場まで持ってくなんて無茶するんだろう、と眺めていたら・・・
オッサンカッケェェェェ!!
この作品の大ゴマで久々にキた。
このコマやりたくてこの大会編やったんじゃないかと思うくらいキた。
いよいよ最終回も見えてきたんじゃないですかね。

ジュニアは案外簡単に折れたのでそこでも驚いた。


○クロスゲーム 「結局東兄弟の悲しい過去は何処行ったのさ」
休載がポツポツと続いてヤキモキさせられていましたが、
何だか急にアツい展開になってきましたよ?
クビをかけた一軍との試合、じいさんの正体。
前回の一軍戦で読者のほとんどが予想出来ていたような展開が、
今ここで繰り広げられようとしています。
でもまさかひと夏終えてしまった後だとは思わなんだ。

プレハブ組は6戦全敗。
恐らく爆笑する程ムチャクチャなハンデ付けてるんでしょうね。
ストレートしか投げない、ド真ん中しか投げない、同じコースにしか投げない。
あとどんなハンデが思いつく?
相手が鬼の実力校ってセンも無くはないのですが、
スコアシートがキーになっているようですから
もっと目に見えてエグい事やってるのでしょう。

一軍のマネージャも監督も、着々と追い出される為のフラグを自ら立てています。
御前試合終わって一軍負けた後にこいつらがゴネだして、
神様仏様理事長様が一刀両断!・・・なんて絵に描いたような話になるかどうか。
一軍が勝ってプレハブ組がピンチの時に
要らないのはお前達だ、と助け舟出すパターンも悪くない。
ただこの理事長がそんなカッコイイ事やって良いのかどうかはわからない。


○妖逆門 「試合内容に言及する点は無い」
ヒゲには流石にツッコミ入れたけど!ひとしきりツッコんだけど!
まーさーかーミックだったなんてわかんねぇよ!

今回はどうやら一話で終了、しかも過去に出てきたキャラを撃退。
この対撃編から三話完結の制約が外れたと見て間違いないですかねぇ。
するとここでロンドンが敗退する可能性が濃厚?
そいつはちょっとRockなShockだ。


○GOLDEN★AGE 「社交性も大事だと思うのよ」
近江がサッカーをやらなかったのは・・・パパンが怖過ぎたから!
店長曰く良くも悪くも厳しい男、秋月烈也。
『バカが・・・お前に才能など・・・無い!』
このオッサンの台詞の端々を見ていると、
厳しい男をブッチギって単なる輩(やから)です。
そりゃグレるって。明らかに教育環境が悪いって。

弱気になっている近江をたきつける唯の姿は、本当にマジシャンの如く。
『この1年間で、ボク達の3年分を取り返せるかい?
多分・・・世の中のほとんどの人は、こう思うだろうね。もう手遅れだって。』
煽った!存分に煽ったよ!
相手のメンタル力次第ではブッ潰す結果になりそうな煽りっぷりを近江にかまして、
奴ならきっと這い上がってくる!ですか。超神水かよ。

最後のページで、初めてこの作品の絵で痺れました。
いいよー どの要素も良くなってってるよー


○地底少年チャッピー
普通のギャグ漫画ならムチャクチャなオチで終わっても
次回は何事もなかったように始まるけれど、
この作品はたまにムチャクチャなオチのまま続けるから恐ろしい。


○焼きたて!ジャぱん
テンション上げてるけどどう掴んで良いのか全くわからんよ?

ところでこの『焼きたて!ジャぱん』だけでなく、
ガッシュ、MAJORもラストに向かっている雰囲気があります。
2006年連載スタート組(の売上)が伸び悩みまくっている中・・・世代交代が心配。
藤田復活もそう遠くないと考えたら、そもそも世代交代されない?


○RANGEMAN 「ときめきで勝利した感じではないのだけど」
あー 今回めっちゃ面白い。手放しで褒めてやりたいくらい。
ご都合展開もヒーローモノの必要事項として認められる感じ。

変身して敵を倒すほどのときめきパワーを消費すると、
好きな人の記憶も忘れてしまうという設定も遂に活かされる日が来た!
錬児本人はその事に気付かず、読者のみに残された切なさが・・・良いじゃないか。

毎回こんなレベルだったら大歓迎なんですけどね。
むしろ今回の良さを帳消しにしない為に今回で終わってくれても構わないくらいです。

ウザキャラにしようとしている博士の度が過ぎて
本気で癇に障る点以外は最高の回でした。


○絶対可憐チルドレン 「サイコメトラーの底が見えない」
どうやら賢木と紫穂が協力してジイさんを助けて、
和解まではいかねーけどお互い認め合う・・・なんて流れになりそうでしょうか。
大人気ない大人と大人びてる(つもりだけなのかも)子供のコンビは良いねぇ!

皆本は相変わらず天然なのか狙っているのか。
そろそろ皆本、ハヤテ、吹雪辺りでプレイボーイ選手権を開いてみて下さい。
最近伸び盛りのダレンを投入しても構いませんよ。

薫の露出度は異常。
本編2ページ目では豪快にM字おっぴろげちゃってまぁ!
でも私は胸元のリボンの方に目が行ったんだ。
決して間違っちゃいないよね?


○見上げてごらん 「マリオかマルコかわからなくなってきた」
実はアジズってやさしい子!
何にも替え難い究極の負けフラグですよね、これ。

ラケットを投げて自ら拾いに行く姿が情けねぇ。
『キミ!!その振る舞いにさっきからの暴言、失点に処するぞ!!』
ラケットブン投げてなお失格にはならんのな。


●GO!GO!サンデーBINGO!
二冊買って片方捨てちゃったけどハガキは残しておいた方、
キレイに切り取ろうとしたのが幸いしたのか、
引き換え番号まで見事に残っていました。
これで二枚で戦える!
・・・でも2週目の今回で両方ダブルリーチなんよ。
巡回してみたらヨソでもダブルリーチはガンガン出てるのよ。
1週目からシングルリーチもポコポコ出てるのよ。
謀ったな小学館!

●サンデー超広告
葵DESTRUCTION!の無茶広告も1ループしました。
そろそろ書店から消えつつあります。
結局今の所買ってません。

●9月発売の週刊少年サンデーコミックス
金色のガッシュ!!、妖逆門、名探偵コナン、MAJOR、クロスゲーム、ワイルドライフ、
結界師、ハヤテのごとく!、絶対可憐チルドレン、聖結晶アルバトロス。
以上が9月発売だそうです。
2ヶ月前か4ヶ月前にハヤテの単行本が出た時も今回に近い強烈なメンツだった気がします。

●次号予告
次号は250円に戻ります。

●巻末Q&A
『最近、「だまされた!」と思ったのはどんな時ですか?』
→金色のガッシュ!! / 雷句誠
「税金を払う時、いつも「この金額はだまされてる」と思ってます。」
君は稼ぎ過ぎた、雷句。

だまされても気付かないモリタイシ・万乗大智。落ち着いて周りを見ましょう。
奇跡的に3人並んでカレーでかぶった田村・藤崎・寒川。ただただ落ち着きましょう。


二週連続でそりゃぁもうカツカツの記事でした。
次号は週の後半に無茶な予定が入ってないからまだ・・・
また次号。


※今週分のサンデー記事リンク
2006年40号 なんて後衛なパーティだろう -前-
2006年40号 なんて後衛なパーティだろう -後-
2006年40号番外 ダレン・シャン 第4話 雑感
ハヤテのごとく!94話「愛は地球を救わない事もある -絆-」

少年サンデーカテゴリの過去ログはこちらからどうぞ。