ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
「愛は地球を救う」と仰られる方々が居ます。
しかし、愛は戦いや憎しみを生む事もあるのです。
ちょっとしたことで運命や絆を感じちゃう困った人達によって・・・!

舞台は、24時間ヒナ祭り。


少年サンデー2006年40号分の記事です。


『1つの格言が人生に意味を与える事もある、かもの第94話
「ユニオンテオーペの長老曰く”愛と憎しみは同じもの”」』


バカと天才のように、愛と憎しみも紙一重?
可愛さ余って憎さ百倍、犯罪級に可愛くなってるハヤテが相手だから、
憎さに転換されたら(略奪愛)戦争だって起きちゃうゼ?


○モテないけどヘタレではなかったらしい虎鉄×ハヤテの話
『いやしかし・・・お嬢さんにケガがなくてよかった。』
と、のっけから雰囲気キメキメな虎鉄。
どうやらこの男、怖気付くタイプのヘタレではなく、
ただただ純粋にモテないようです。
細身・長身・容姿もマトモ(画力の問題で容姿良いのしか出て来ないとか言わない)、
この条件でさっぱりモテない理由は?
・思い込み激しい
・キレるとヤクザ
・鉄道オタクで時刻表ばっか読んでる
なるほど!
うむ、これならモテないのも説明がつく・・・ってそんな執事雇うなよ。
更に『ああ!!そんな冷たくあしらわなくても!!だがそれがいい!!』と、
・M属性もウェルカムカモン
なんてマイナス要素が増える増える。
この漫画の男キャラクタには、頭のネジが飛んだのしか居ないのか!

そんなモテない執事も情熱系なようで、
今やオーラがフェアリー級のハヤテに、身の程知らずの告白ですよ。
『私と一緒に踊ってくれませんか?
私は本気なんです!!私はあなたの事がスキなんです!!』
『そ・・・そんな・・・困ります。そ・・・そんな事急に言われたって・・・』
ちょっ! その表情頂いた。
その戸惑いと色気が入り混じった魅惑の表情は何なんだ少年ンンン!!
ハヤテはいけない子ですよね。
気配りや行動で女性キラーなばかりか、この表情で全方位のキラーっぷりですよ。
告白してこんな表情が返ってきたら、更にパッションはグローインアップです。
もう色々な感情を持て余すッ
何か体から放出してんじゃないかってくらいです。
むしろ何か出てるに違いないです。
どうだろう、私が調べてあげようじゃないか・・・

で、どこまで女性カン違いを引っ張るのかヤキモキしていたら、
泉お嬢からの即バレきたコレ!
彼女はトラブルメーカーかはわかりませんが、策士ではないのです。
(策士だったら更に誘導してハヤテが押し倒されてたかもしれないね!残念!)
流石ナイス執事だ、グイッと速攻で胸倉を掴んで・・・鎖骨ゲットですよ奥さん!
しかしこれでは貧でニューの女性かもしれない可能性を残しているではないか。
ここはやはり先週のサクよろしく、マッハでめくり上げるしか!
簡潔に言えば、先週のどうにかなっちゃいそうなハヤテの表情を再来させて欲しいのだよ。
サンデー誌面で出来る訳ないだろって?
そうだね。

思い込み激しくてキレたヤクザが凶行に走るのは自明の理。
『綾崎ハヤテに伝えろ!!執事だったら主を迎えに来いと!!
そこでキサマの正体を衆目にさらしてくれるわ―――!!』
ま た か。
でもこの台詞。ワクワクが止まらねぇ!

ハヤテがどんな目に遭わされるか楽しみで仕方ありません。


○出番激増いいんちょさん、瀬川泉の話
最近出番増えまくりの泉、今週も出づっぱりです。
サンキュースパッツの回ではまるで主役、
ねるとん式告白練習では女性キャラ多数出現の中、見事ターゲットに。
これ、もうレギュラー昇格扱いで良いんじゃないですかね。
出番や展開を評判によってある程度左右させると公言している畑君ですから、
いいんちょフィーバーが起こっている(と思われる)現状を見て
テコ入れまくっている可能性も充分考えられます。
どう見てもメインルートに絡んで来る要素のない
いいんちょさんの活躍を望み続ける方々は、これからもハガキを送り続けましょう。
畑健二郎が何かの気の迷いを起こすかもしれない。

さっき泉は策士ではないと書いたばかりなのですけれども、
実は彼女はそのアビリティを隠しているのかもしれません。
男だと信じられない虎鉄に対して、
『だったら確かめてみればいいじゃない
ほら、けしかけた!
登場時、極上のワクワク感を醸し出していたり上記の様にけしかけたりと、
実はこのお嬢、ひっそりとそういった趣味が!?
うん、別に構わないですよ。受け止められるから・・・

今回泉(の顔)が登場したのは3ページ、7コマ。
使用したハートマークの数は8個。
流石帝王、顔出てるコマより多いってどうかしてます。
ネーム多いからこんなもんなのかね。


○新路線発動?咲夜×ワタルの話
サクはええ娘や!ホンマにカワエエお嬢ちゃんやなァ!
もうね。お笑い調教モードやネタ師モードでない時のサク、たまんねぇ。
自称天才発言もウチが可愛いから発言も許す!私は許すよ!
ストレートな天真爛漫さはそれだけで必殺です。君は僕の太陽だ。

漫画では特徴がどんどん強調されていくのはよくあること。
そう、今回のような上着を着ていてラインが出辛そうな格好の時でも、
確かに「ある」んですよ。
既に「ある」ことはサクのパーソナリティにまで昇華したようです。
良い傾向だ。


ワタルがサクに飛び級枠を譲ってもらった負い目を持っている故に、
目に見えない主従関係が成り立っているワタルとサク。
その二人がこうしていると・・・これ、案外アリじゃないかね。
同世代相手だと誰でもその図を想像出来そうなオールラウンダーか?
むしろ伊澄との相性が最も良く無さそうで泣きそうです。
でも年上にも支持率は絶大だし、オイシイなぁもう!

このワタルとサクの組み合わせ、
ワタルが夢破れたりモタモタしている間に結局腐れ縁の鞘に納まりました、
といった流れが思い浮かびます。
間違っても劇中でそんな描写が出る日は無いだろうけどもー


○今エピソードの主役なのに薄いヒナギクとメインヒロインなのに薄いナギマリアの話
思い起こせば今までそんなに無かったヒナギクとナギの絡み。
今回は二人がお互いに抱いている印象・・・というか立ち位置がよくわかって楽しげです。
片や妹扱い、片や好敵手扱い。
ナギの『ふーん そういうのは知らないのか・・・』という発言が、
ヒナギクのパーフェクトソルジャーっぷりを認めている証拠。
確かに生徒会長としての顔だけ見ると、何でも知っていそうな印象はあります。
逆にヒナギクはハヤテへの想いを考え込んだ時に西沢さんの事は葛藤の対象になったのに、
ナギの描写は一切出て来ない。
これはナギのそういった感情に気付いてないんですかねぇ。
ちゅーか物語上ではマリア以外全く気付いてないのでしょうかね。
周囲が察している場合、わかってるのか子供の戯言と流しているのかで
終盤の雰囲気もえらい差が出てきそうな感じ。


表紙のマリアさんがえらい破壊力だとの噂は出ていました。
・・・よーしごちそうさま!このワンポイントであと3週は戦える。
あとさっきの時計プレゼントシーンでヒナギクが久々に輝かしい笑顔を披露しています。
ハヤテ絡むとロクな表情してないって日々が続いてましたからね。
頑張って欲しいですね。


○小ネタの話
サクが獲得した景品は、ゲーマーズ絡みのノーマッド(でしたっけ?)ととらのあなの美虎ちゃん。
これはアレか!宣伝か!
またゲーマーズととらのあなでおまけが付きますよって示唆か!
でも付くんでしょうね。もう8巻発売まで1週間を切っています。

『お前みたいな奴がいるから・・・戦争がなくならないんだ―――!!』
お門違いなのにしっくり来る台詞ですよ。
でも落ち着こうよカミーユ。

ナギのお面で思い切り吹いた。
いやホントお面の意義って中々理解は難しいですよね。
最近祭りでも売れてる光景ほとんど見ませんしね。


バックステージ
第95回。
カットは泉いいんちょで、やはりレギュラー入りの可能性を感じるぜェェェ

『この後の展開を考えてナギには意図的にスカートではなくズボンを履かせている』とのこと。
虎鉄と対峙する時、必殺技サンキュースパッツ発動の予定?
これは・・・ハヤテかヒナギクのスカートがめくれてしまうのかもしれんね!
もし被害者がハヤテだったら、今は(恐らく)下着も禁断状態だから・・・ ウォォオォォ
ヒナギクが被害を被る場合はそのままグチャグチャの状態でヒナギク誕生会へ移るのかも。


あと先週バックステージ第94回で触れるの忘れてる部分がありました。
『表紙は買い難いのか買い難くないのか正直わからないのですが
皆さんの勇気を信じています。』と。
水着かどうかは判断しかねるけれど、どうやら薄着はガチ?
皆、ひるむんじゃないぞ!


○如実に浮かび上がるハヤテのごとく!の問題点の話
・大事な所で誘拐ネタが多過ぎる
ピーチ姫かよ!とツッコミたくなるようなギミックがあるならともかく、
勢いだけで誘拐されて、勢いだけでブッ倒すワンパターン。
「誘拐ネタそのもの」が面白かったことはほとんど無かったですから、
この後に期待するのみなんですけどねぇ。
ハヤテのごとく!でのお約束としてうなづいておくべき点か。

・キレるとヤクザで済ませて良いものか
失意のどん底で愛を取り戻せ状態だからとはいえ、
こんなファンシーでキュートな少年に剣(竹刀)を振るうなんて!
いや、それはともかくそこからようじょ誘拐は突飛過ぎるでしょう。
フォローしようがない凶行は笑えない要因になりそうで危険なのです。
笑える範囲と引かれる範囲の線引きってのは難しいものですよね。


○余談
おかげさまで検索エンジンのハヤテ関連語句での順位がめきめきと上昇していまして、
特にYahoo!で検索すると異常な位置にいるようです。
勿論関連語句で来訪される方も増加傾向で、
その分トンチキがァ!とツッコミ入れたくなるような素敵ワードが増えています。

「エロ画見たい ハヤテのごとく ヒナギク」
それじゃ絶対見つからないと思います。

「スカートの下はどうなってるん」
私も死ぬ程知りたいです。

「ハヤテ いいんちょ M」
デリカシー無さ過ぎて感動した!

他にもまだまだまだまだパッションのこもったワードが続々と出ています。
皆とんでもなく独創的よね。
爆笑出来るものも度々あるので、いつかまとめてみようか。


○関連記事
ハヤテのごとく!93話「ストップ!!ハヤテくん!」
ハヤテのごとく!92話「あやさきミルクティー」
ハヤテのごとく!91話「Romanticが止まらない」
ハヤテのごとく!90話「時をかける少年」
ハヤテのごとく!89話「決戦はメリークリスマス」

畑健二郎インタヴューレポ -後-
畑健二郎インタヴューレポ -前-
「ハヤテのごとく!」グッズ登場!

上記リンクより過去の記事は、ハヤテのごとく!過去ログからどうぞ。


※今週分のサンデー記事リンク
2006年40号 なんて後衛なパーティだろう -前-
2006年40号 なんて後衛なパーティだろう -後-
2006年40号番外 ダレン・シャン 第4話 雑感
ハヤテのごとく!94話「愛は地球を救わない事もある -絆-」