ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
昔、ひばりくんという可憐な少年がいてだな・・・

万が一ハヤテのごとく!がアニメ化なんかした日にゃ、
いっそOPもパロディにしてしまえば良いのです。
ストップ!ストップ!ハヤテくーん


少年サンデー2006年39号分の記事です。


『第93話「恋のマジカルハヤテ、ルンルン」がんばれ男の子!!です。』


畑君、ハルヒに結構ハマったようだ。
がんばれ男の子!!って、
普通の男の子がこんなシチュエーションになる事は絶対にない。


○正ヒロイン認定したいハヤテとガン攻めする人々の話
今回のハヤテは総じて受けでした。
攻められることで光り輝く主人公。これで良いのか?良いか。

周囲はハヤテのメイド姿に対して好印象、肯定的。
整っている皆の(ハヤテ女装)受け入れ態勢。
女装が似合い過ぎて困るってどんな形の不幸か!
Youそのままデフォ装備にしちゃいなYo。


前述のように今回は攻められる!とにかく攻められる!
1、いいんちょ瀬川泉に攻められる。
どこから沸いた瀬川泉?
彼女には動物的カンのライセンスが標準装備されているのか、
あっさりハヤテの怪しさに気がついてしまいましたよ・・・
って明らかにバラしてるしな!ちょっとおバカなのはハヤテの方だよな!

『ハヤ太くんだめだよこんな真夏にコートなんか着ちゃ・・・』
という泉の手は、やる気マンマン。
許可するから全開で剥いてしまえ!
涙目で剥かれてしまうハヤテが容易に想像出来るってどうなんでしょうね。
雪路・牧村不純異性交遊シーンやコスマリア押し倒しシーンと体勢が逆ってだけですよ。

余程人気があるのか、轟轟生徒会の中でも泉は随一の扱いを受けてますな。
ナギの奥義「けものみみ」でお株を奪ったばかりか、
遂には効果音で『びゅーん』とハートマーク発動。
なんだかこのキャラ、一人でネギまやってる気がしてきた。
出る度人気を上げているように思います。きっと今回もだ。

出場6コマ、使用ハートマークは5個。素晴らしいハイペースです。
あまりの強力サポートに、私も機種依存を避ける為に封印してきた
ハートマーク文字を解禁してしまいましたよ。
Win環境、IE環境以外でちゃんと出ているかが不安。化けてたらごめんな。
こんな罪作りなキャラを出した畑君を責めてね。
でもこのハートマーク攻勢はアリアリですよね。


2、謎?の新キャラ虎鉄に攻められる。
サンデー読者の何割かの好評を得られそうなヘタレ属性持ちの
ちょっと痛い新執事、虎鉄登場。
この漫画に登場する男キャラは勇気の無い子達ばかりか!

そんなヘタレをも奮起させる運命のルーレット(byコナン曲)発動。
虎鉄と激突し、倒れたハヤテだが・・・
惜しげもなく絶対領域キタよコレ!
のぞく絶対領域、スラリと伸びる脚、悩ましげなウエストライン、
頼りなげな肩口、涙に潤む瞳、紅潮に染まる頬。
ここで奮起しなければいつ奮起すると言うのだ漢達よ!

漢の一大決心を真っ向から受けて、
一体ここからどうやって切り抜けて行くというのか、綾崎ハーマイオニーよ。
だが心配なのはハヤテよりも、また苦手なのに大人の男出しちゃった畑君の方である。

そういえばぶつかった時のハヤテの声は『キャ!!』でした。
いいぜハヤテ・・・本格的に精神面も洗脳されつつあるじゃないか・・・
立派な女の子に仕立てあがる日もそう遠くはないな?

ところで虎鉄は誰の執事なんでしょうか。
走り回っているとの台詞を汲んで泉?
このタイミングで投入されるくらいだから、主も新キャラで悪の女王?


3、好奇心が武器になる、サクに攻められる。
流石サクさんだ、読者の高尚な疑問を真っ先に攻めてくれるぜー
『自分・・・スカートの下はどうなってるん?』
これ。これだよ。
そして実際に確かめちゃう無茶娘は彼女(と雪路)だけ!
だが折角確かめシーンが存在しているのに隠すな健二郎!

ここの『そんな事・・・したら・・・僕は・・・僕は・・・』が物凄い。
コマ単体ではハヤテ史上、最強の1コマだったかもしれんね!
「男の子の一番大切なもの」を奪われそうになって全力で涙目になっているハヤテを見て、
正直危険な感情が沸き上がりそうになったね!
あーでも彼は男なんだ、男なんだよ。(自分をいさめる魔法の合言葉)
とりあえずこのコマはガチで殿堂に入れておきます。
切り取ってお守りにしても良いと思います。
ああ、男の子の大切なものっては尊厳とかそんな感じのものね。
決して年齢指定の出そうな意味ではないからね。ホントだよ。

ところで、本当にスカートの下はどうなってるんでしょうね。
サンデーの昔を振り返ると、女装大将のらんま(女verはひらがな)が
女装する時も最後の砦として、下着はトランクスでした。対ヤマタノオロチだったか。
ただ、この感情を持て余すような表情を見ると・・・
・・・やっちゃったな。


次回はバトルメイドになりそうなハヤテ。
本番でヒナギクにも攻められると良いです。
あ、でも対ヒナギクの場合だけはハヤテ攻めの方が良さそうなんですよね・・・


○どうしても認めたくない感情があるらしいヒナギクの話
『自分の心が望むもの―――私の心が・・・本当に望むものは―――』
過去の想い出を、感情を甦らせる。
ストレートに自分を直視することで、本当の自分の姿が見えてくる。
その時、自分の素直で、極めて単純な想いに初めて気がつく。
決着がついてないからよ。
あっ 現実から目を逸らしやがった!
すごろくでゴール1マス前なのに6出しちゃって、
5つ戻ったら「スタートにもどる」だったくらいにどうしようもない原点回帰!

現実逃避の割には妙に心が晴れてしまってるので、
今回がマジでフラグ消失イベント扱いになっていないかが心配。
決着のつき方によっては本当にこのまま進んでしまうかもしれない。

舌足らず・・・いや筆足らずな伊澄の手紙の所為で、
ヒナギクのVoltageはますますBurning Heatです。
もう戦う手段がガチバトルになるのは避けられない?


○やはり一コマなナギと、それよりはマシなマリアの話
既存のメインキャラがかなりの数出てきた回なのに、
メインヒロインである筈のナギお嬢はいつもの1コマ。
学校編ではいつものように蚊帳の外です。
ハヤテと同じ学年なのにッ ハヤテと同じクラスなのにッ


マリアは出てくるなり『ぐおおおお』って斬ネタかオイ。
本当に一コマで無理矢理説明しちゃったよ。
畑君にしては珍しいネガティブパロディ。(本人はその気か知らんが)
キレを感じなくても師匠と路線は違うと割り切るんだ。

『女装がしたいならしたいと言ってくれれば・・・ 私はその・・・
この方も容認でした!
むしろ「着ろ。」と遠回しに言うが如し。
ナギ・マリア・ヒナ母と、そういった趣向の婦女子が多い漫画だな!
『ま 疲れてる時は気分転換も・・・ね
良い表情(かお)をするじゃないか。


バックステージ
第94回。合併号から1回ずつズレてるの忘れてた・・・先週も多分ズレてる。

作者もハヤテのメイド姿が違和感無いと言っているだけあって、
ハヤテが描き下ろし絵で『男の子なんですっ!!』と言っても説得力ゼロ。

次回で虎鉄の素性が明らかになる様子。
前述の通り本命泉、対抗悪の女王の執事と見る。


○余談
先週辺りからハヤテ関連の検索件数がうなぎのぼりです。
『ハヤテのごとく! ハヤテ受け』やらそんなのばかりで・・・
うん、皆とってもハヤテ(の女装)が大好きなんだね!

ハヤテのアンケートや売り上げを支えている根幹に、
ハヤテ女装一派がマジで存在するんじゃないかと考えてしまう。


ここの所一週間の後半(水〜金辺り)がやたら忙しく、
サンデー・ハヤテ記事が遅れてしまう傾向にあります。
既に遅報となった速報やら9巻特典記事やら色々予定はあるのにィィィ


○関連記事
ハヤテのごとく!92話「あやさきミルクティー」
ハヤテのごとく!91話「Romanticが止まらない」
ハヤテのごとく!90話「時をかける少年」
ハヤテのごとく!89話「決戦はメリークリスマス」
ハヤテのごとく!88話「想い出はいつもキレイだけど」

畑健二郎インタヴューレポ -後-
畑健二郎インタヴューレポ -前-
「ハヤテのごとく!」グッズ登場!

上記リンクより過去の記事は、ハヤテのごとく!過去ログからどうぞ。


※今週分のサンデー記事リンク
2006年39号 色んな部分がオメガ級 -前-
2006年39号 色んな部分がオメガ級 -後-
2006年39号番外 MARオメガ 第1話 雑感
ハヤテのごとく!93話「ストップ!!ハヤテくん!」