ブログネタ
ハヤテのごとく! に参加中!
センターカラーに震え上がった、という第72話。


○ハヤテのごとく! 「お嬢様の為に鐘は鳴らない」
今週は久々のセンターカラー。
うっかり移動中にこのページ開いたら、
一瞬で社会的地位が地に落ちそうな威力を持ってやがるZEEEEEE!!
ナギの格好が決定的です。何だこれは。
『ある』『ない』のレベルではなく、留め金の影響で凹んでいる様にさえ。
露出が痛々しいけれどたまには良いんじゃないでしょうか。
マリアの方は・・・どんな服装でもツッコミ入れられそうな素敵な御方!
色が全く違うけれどメイド装備と容量が変わっていない
雰囲気なので違和感はそれほど無いですよ。
毎週書いているが今週も書く。
畑健二郎は腰から尻のラインに命を懸けている!
表紙もナギ・マリア共にそこが本気だ。間違いない。

Web上ではナギ嬢の『み・・・見たか?』で大喝采のようです。
隠せ!照れろ!慌てふためけ! ハーハッハッハッハ!!
と言わんばかりに皆アグレッシヴなツワモノドモですねぇ。
私が推すのはその前後。
バッと隠した瞬間がイイなぁオイ!
正確にはそこと次の『見たか?』の連動が良い。
とっさのリアクションは雰囲気彩るスパイスなのですよ。
ただその後の一樹の台詞が秀逸。
素直なその台詞は「下着を見せて欲しいです。」としか聞こえんな!
どうせならもっと登った後に警告して、
もう一度見えたら嬉しい、と・・・ いえ、何でもないです。
最後に告られた後の『え?』もらしくなくてグッとな。
でも単品で一番気に入ったのはサキです。
サキは褒めて煽りましょう。ただひたすらに。

前回はモブ扱いだったハムスター弟、一樹。
ハヤテ界一の報われない恋に大挑戦です。
姉も最強に報われない方面だから血の宿命か。
ナギの免疫の無さからある程度揺さ振れそうだけれど、
酷いネタに巻き込まれる事は必至です。
とりあえずナギの受けの弱さを引き出して頂戴よ、と。
それはそうとして、風船のアレは何だったのか。

ナギのキャラ付けについて、最近はもっぱらダメ度強化に傾いています。
敗北を認めたくないから家を作り直したりなんてしない。
負けず嫌いっちゅーか本当に認める気の無い子です。
きっと世間は彼女にとって敵ばかりです。
ってカラーの時点で味方いねぇって書いてるな。
なんとなーく最終回寸前にハヤテ絡みで完全に心が折れる様が見える気がします。

バックステージは第72回。
裸とか描くのが楽しくなってきた宣言!
あの頃(ヒナスパッツの頃)の畑君はどこへ行ってしまったの!?
まぁいいからサクを使え。
6巻の内容っちゅーか細かい台詞に変更が多かったのは流石に気付きました。
全部挙げたろかと思っていたら既にやられていて中止さ!
しかしこの頃バックステージの補足が物語に影響する割合が大き過ぎる印象。
サービス心旺盛なのは歓迎だけれど、バックステージ見ないと説明不足だったり
物語の本当の楽しさに気付くことが出来ないようになるのは勘弁よ?

あまり評判が良く無さそうなハム樹(無理がありますか)。
コイツこそ単発キャラになりそうだからここで頑張れ。

そういえば扉にある青い鍵の絵が描いてあるカフェの看板。
どっかで見た気がするんです。誰か元が判る人は教えて頂戴な!
なんか気持ち悪くて適わんのだ!


※今週分の記事リンク
2006年16号 アニメ版では歌上手い? -前-
2006年16号 アニメ版では歌上手い? -後-
ハヤテのごとく!72話「ワタル世間は敵ばかり」

他のハヤテのごとく!関連記事は、こちらからどうぞ。